アマチュア時代には活躍したものの、プロでは実績が無い額賀靖生選手

1963年生まれ、東京都出身のプロゴルファーが額賀靖生選手です。
10歳の時からゴルフを始め、1979年には東京12チャンネルアマ選手権で優勝しました。
1980年には第1回関東ジュニア選手権大会で優勝しています。
同年には世界ジュニア選手権の日本代表にも選ばれました。

1984年にプロテストに合格し、ツアープロとしての道を歩み始めます。
ジャンボ尾崎こと尾崎将司選手に師事しますが、結果はあまり残せていません。

レギュラーツアーでの優勝経験は無く、出場する機会自体が少なめです。
ツアーデビューしてすぐの1985年と1986年は比較的多くの大会に出場しているものの、それ以降はほとんど参戦していません。

1989年は他の年と比べれば多めに大会に出ていますが、大きな活躍は無く、1990年代の時点で既にツアープロとしてはほとんど活動を行っていない状態です。

1997年のアコムインターナショナルを最後に、レギュラーツアーには参戦していません。
額賀靖生選手自身のブログによれば、参戦する意志はあり、出場していないのは交通事故のせいであると述べています。

2007年と2009年にも交通事故に巻き込まれていて、リハビリを行っているとのことです。
またティーチングプロA級の資格を持っており、レッスンプロとしての一面も持っています。

一方で2011年よりAIM株式会社というネットワークビジネスを手がける会社の代表取締役に就任しており、美容液を始めとした商品を販売しています。
こちらの会社の経営の方が本業になっているようです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ