36ホールを持ち、2コースは距離が非常に長いプレステージカントリークラブ

プレステージカントリークラブは、栃木県栃木市で1988年より営業を行っているゴルフ場です。
かつては梓ゴルフ倶楽部という名前のゴルフ場が存在していましたが、破綻後に閉鎖されており、エスティティ開発株式会社がその土地を落札し作ったという経緯を持っています。

しかし、2002年にエスティティ開発株式会社は民事再生法の適用を申請しており、ローンスターグループをスポンサーとする再建案がまとめられると、以降はPGM傘下で営業を行っています。

計36ホールを持つスケールの大きさが特徴であり、2コースはベンツ&ポーレット社が設計を担当しました。
東コースはバックティーからの距離が7097ヤードと長く、フラットに仕上がっているので高低差に苦しむことは殆どありません。

池越えスタートはないものの、大きな池が多く配置されており、バンカーの数も多めです。
その為、飛距離に加えて障害物を避けるコントロール技術も重要であり、難度は高めでしょう。

西コースはバックティーからの距離が7214ヤードと非常に長く、好スコアを狙うならば飛距離は欠かせません。
しかし、ティーショットが落ちそうな地点からバンカーが配置されており、池の数も多めとなっています。

特にインコースは半数以上のホールで大きな池が絡んでくるので、水に落として打数がかさむことも珍しくありません。

飛距離を重視するか、或いはコントロールを重視するかといった判断が難しく、常に計算しながら回る必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ