日本女子プロゴルフ協会に認定されているベルフラワーカントリー倶楽部

ベルフラワーカントリー倶楽部は、岐阜県瑞浪市で1993年より営業を行っているゴルフ場です。
日本女子プロゴルフ協会認定のコースであり、クォリファイングトーナメントやプロテストの会場として使われたこともあります。
後発のゴルフ場ではありますが、会員を重視した名門ゴルフ場として運営が行われており、平日は会員の同伴か紹介が、土日祝は会員の同伴が求められるので、会員権を持っている知り合いがいない場合に利用するのは困難でしょう。

ラウンドスタイルは原則的にキャディ付きのみなので、セルフプレーで回ることはできません。
JR中央本線の土岐市駅、瑞浪駅が最寄り駅ですが、タクシーでおよそ25分とやや距離があるので、自動車の方がアクセスが容易です。

ベルフラワーカントリー倶楽部の18ホールは鈴木正一氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6865ヤードと距離も十分にあります。

芸術性も高く、大きな池は目を楽しませる役割を持っていますが、プレーする場合は池のせいでスコアが崩れることも珍しくありません。

バンカーは全く配置されていないホールもありますが、密集しているホールもあるので注意してください。
ベントを採用したグリーンは大きいので乗せるのは楽ですが、傾斜が残されているのでロングパットになった場合に苦戦は必至です。

各ホールは木々により仕切られており、フェアウェイも広めですが、大きく角度を変えるホールでは見通しが悪いこともあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ