ボゥヴェールカントリー倶楽部は2014年に美濃関カントリークラブとなった

岐阜県関市で1975年より営業を行っているゴルフ場が、ボゥヴェールカントリー倶楽部です。
2013年に、経営を行っていた株式会社岐阜関スポーツランドが民事再生法の適用を申請しました。
スポンサーとなったアコーディア・ゴルフ傘下で営業を行っており、2014年の10月より美濃関カントリークラブと名前が変わります。

ラウンドスタイルはキャディ付き、セルフプレーの選択制であり、利用料金はさほど高くはありません。
その為、平日ならばキャディ付きでも1万円前後で利用することができる、コストパフォーマンスの面で優れたゴルフ場でしょう。

名鉄美濃線の新関駅から自動車でおよそ13分、長良川鉄道の関口駅から自動車でおよそ7分の距離にあり、電車とタクシーのみで移動することもできます。

美濃関カントリークラブの18ホールは、グリーンから最も遠いブラックティーからの距離は6678ヤードと平均よりやや長めです。
自然の地形を活かして設計されており、傾斜が色濃く残されているので、フェアウェイをキープしている場合でも油断はできません。

アウトコースは概ね真っすぐレイアウトされていますが、インコースでは大きく角度を変えるホールもあります。
ショートホールでは谷越えスタートがありますが、各ホールの前半は障害物が少なく、ティーショットでプレッシャーを感じることは少なめでしょう。

インコースは池がグリーンの近くに多く配置されており、アプローチショットでの池越えスタートもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ