ヤシロカントリークラブは兵庫県南部からアクセスしやすい

ヤシロカントリークラブは、兵庫県加東市で1993年より営業を行っているゴルフ場です。
ゴルフ場経営の大手であったエスティティ開発株式会社が所有していましたが、2002年にエスティティ開発株式会社は民事再生法の適用を申請する事態となりました。

2003年にローン・スターとスポンサー契約を結んでおり、債権者であるゴールドマン・サックスグループから会社更生法の適用を申請されるというトラブルもありましたが、最終的にはローン・スターグループに入ることが決定され、PGM傘下で営業を行っています。

中国自動車道の滝野社インターチェンジからおよそ5kmと近く、阪神地区や姫路、加古川方面からのアクセスが容易です。
JR加古川線の西脇市駅から自動車でおよそ10分の距離にあるので、電車とタクシーのみでも問題なく移動できます。

ヤシロカントリークラブの18ホールは加藤俊輔氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6435ヤードとさほど長くはありません。
木々が多く、高低差が少ない林間コースであり、各ホールは木々で仕切られているのでOBが出にくくなっています。

しかし、途中で角度を変えるホールの場合はせり出した木々が原因でグリーンを確認できないこともあり、初見の場合は視界を確保できる位置に落とすことも重要です。

大きな池を大胆に配置しているのが設計の特徴であり、芸術性の面で優れていますが、水に落とす可能性も高めでしょう。
インコースはバンカーの数も多めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ