パブリック制であり、トーナメント開催実績も豊富なローズベイカントリークラブ

群馬県安中市で1975年より営業を行っているゴルフ場がローズベイカントリークラブです。
家電量販店を経営している株式会社ビックカメラが2002年に取得しており、開場時から会員権を持ったメンバーがいないパブリック制を採用しています。
2012年には株式会社クリーンエネルギー研究所によりメガソーラー発電所が建設されることが発表されていますが、ゴルフのプレーに影響はありません。

1978年には女子のメジャー大会である日本女子オープンゴルフ選手権競技が開催されており、全国高等学校ゴルフ選手権の舞台として使われたこともあります。

いつでも行えるわけではありませんが、18ホールを大きな休憩なしで回るスループレーにも対応しており、早朝のスループレーは利用料金が安めです。

ローズベイカントリークラブの18ホールは安田幸吉氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6789ヤードと距離も十分にあります。
高低差は最大で15メートル程度であり、フェアウェイも広く作られているので初心者の方でも打ちやすい作りでしょう。

ティーグラウンドの時点でグリーンの位置が分からないブラインドホールを排しているのも特徴であり、ゴール地点を確認してからティーショットを行うことが可能となっています。

癖がないコースですが、実力がそのままスコアに表れやすく、好スコアを叩く為には実力が必要です。

池、バンカーが全く配置されていないホールもあるので、障害物に打ち込んでスコアが崩れることはあまりありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ