わかさカントリー倶楽部は27ホールを持ち、クラブハウスに宿泊することも出来る

1976年、福井県三方上中郡若狭町に開場したゴルフ場がわかさカントリー倶楽部です。
平日は会員の紹介が、土日祝は会員の同伴が利用条件となっているものの、ゴルフ場予約サイトを経由すればビジターのみで予約を取れるので、利用のハードルが極めて高いわけではありません。

利用料金は平均的ですが、様々な割引サービスが用意されており、予約が必要な薄暮のハーフプレーはリーズナブルな価格となっています。
利用クラブハウス内にホテルがあり、和室と洋室に加えてVIPルームも用意されているので宿泊施設で困ることもありません。

ホテルはゴルフのプレーを行わない場合でも泊まることができますが、利用できるのは基本的に週末か祝日の前日だけです。
わかさカントリー倶楽部は、9ホール構成の3コースを所有しておりアーノルド・パーマー氏が設計を担当しました。

すが湖コースは杉本英世氏も設計に携わっており、ひゅうが湖コースはグリーンから最も遠いブラックティーからの距離が3285ヤードとやや短いものの、残る2コースはブラックティーからの距離が3400ヤード台と長めです。

なだらかな丘陵地帯に作られており、高低差は大きく残っているわけではありませんが、打ち下ろしや打ち上げの形は多いでしょう。

すいげつ湖コースは真っすぐ作られており障害物も少ないオーソドックスな構成ですが、ひゅうが湖コースは大きな池が複数あり、すが湖コースは曲がりくねったホールが多いのでテクニックも重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ