阿山カンツリー倶楽部の18ホールは大小様々な池が特徴である

1992年、三重県伊賀市に開場したゴルフ場が阿山カンツリー倶楽部です。
平日は会員の紹介が、土日祝は会員の同伴が求められますが、ゴルフ場予約サイトを経由すればビジターのみでも利用することができます。
伊賀盆地を見下ろすことができる丘陵地帯に位置しており、周囲には多くの山があるので景観は抜群です。

セルフプレーを利用した場合は利用料金が安く、セルフデーに設定されている月曜日は更に安く利用することができます。

名阪国道の壬生野インターチェンジからおよそ4km、近鉄伊賀線の上野市駅から自動車でおよそ15分の距離にあるので訪れやすく、移動に困ることは殆どありません。

阿山カンツリー倶楽部の18ホールは小林光昭氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6882ヤードと長めです。
フェアウェイは広く、丘陵地帯にあるコースですがフラットに仕上がっているので、打ちやすい作りとなっています。

距離も長いので、ティーショットから攻めていっても問題ありませんが、池が配置されているホールは注意してください。

大小様々な池がコース内に計8個配置されているので、池があるホールでは飛距離よりもコントロールと正確性が求められます。
池越えスタートの形が非常に多いので、水に打ち込まないことがスコアメイクの上で重要です。

バンカーは際立って多いわけではありませんが、砂が細かいという特徴を持っているので、バンカーショットで狙ったところに落とすのは困難でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ