伊豆スカイラインカントリー倶楽部では宿泊プランが多くある

静岡県伊豆市で1967年より営業を行っているゴルフ場が、伊豆スカイラインカントリー倶楽部です。
ラウンドスタイルはキャディ付きとセルフプレーの選択制であり、セルフプレーを選択した場合の利用料金はさほど高くはありません。
このゴルフ場は複数の宿泊施設と提携しており、宿泊プランも多数用意されているので、観光地として名高い伊豆に泊まってゴルフを楽しむことも可能です。

また、東名高速道路の沼津インターチェンジからおよそ36km、小田原厚木道路の小田原西からおよそ48kmの距離にあり、沼津方面からのアクセスが容易となっています。

さらにJR伊東線の宇佐見駅、JR東海道新幹線の熱海駅からは送迎バスも出ているので、移動で困ることは殆どありません。
伊豆スカイラインカントリー倶楽部の18ホールは南郷茂治氏が監修を担当しており、バックティーからの距離は6753ヤードと長めです。

フェアウェイは全体的に広いものの、アウトコースでは終始打ち上げと打ち下ろしが登場するので、飛距離の計算を間違えることが良くあります。
距離が平均的なので、ボールを遠くに飛ばすよりコントロールを重視した方がスコアは安定するでしょう。

一方でインコースは高低差が少なく、真っ直ぐレイアウトされているのでグリーンの位置が分かりやすく、豪快なドライバーショットを楽しむことが可能です。

さらにアウトコース、インコース共に障害物の数は少なく、ティーショットで躓くことはあまりありません。

グリーン周りのガードバンカーをどう避けるかがポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ