リゾートコースであり、プロテストの舞台にもなった伊豆下田カントリークラブ

伊豆下田カントリークラブは、静岡県賀茂郡南伊豆町で1975年より営業を行っているゴルフ場です。
伊豆半島の南端に位置しており、リゾートコースとしての側面が強いものの、過去にはプロテスト予選の舞台として使われたこともあります。
宿泊施設としてゴルフ場直営のホテル、サープロモントが用意されており、宿泊プランもあるので、泊まりとゴルフを両方楽しむことが可能です。

キャディ付きのプレーも可能ですが、セルフプレーのラウンドが基本であり、利用料金はさほど高くはありません。
また、平日にはスーパーセルフと呼ばれる回り放題のプランもあり、コストパフォーマンスに優れているので練習には打ってつけです。

利用には予約が必要ですが、伊豆急行の伊豆急下田駅からは送迎バスを利用することが出来るので、自動車を利用出来ない場合もアクセスは容易となっています。

伊豆下田カントリークラブの18ホールは竹村秀夫氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6923ヤードと長めです。

このフェアウェイは非常に広く、高低差も殆どないのでティーショットから積極的に打っていくことが可能であり、飛距離に自信を持つプレーヤーに向いています。

また、ほぼ全てのホールでティーグラウンドからグリーンを確認出来るので、ルートを計算してから打ち出すことが可能です。
ティーショットで障害物に打ち込むことはあまりありませんが、グリーン周りには障害物が多く、注意する必要があります。

そしてグリーンは大きいので、距離によってはパッティングで打数が嵩むことも珍しくありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ