4コース、計36ホールを持つ稲取ゴルフクラブ

静岡県賀茂郡東伊豆町で1964年より営業を行っているゴルフ場が、稲取ゴルフクラブです。
北に天城連山を、南に伊豆七島を望むことが可能であり、海と山を楽しめる景観が魅力となっています。
長い歴史を持つメンバーシップ制のゴルフ場ですが、全日ビジターのみで予約を取ることが可能です。

4コース、計36ホールを所有しているのが稲取ゴルフクラブの特徴となりますが、組み合わせは島・森コース、海・山コースの2種類と決まっています。島・森コースはバックティーからの距離が6125ヤードと短く、フェアウェイが狭いのでティーショットから正確なコントロールが必要です。

障害物を多く配置している変化に富んだ構成も特徴であり、谷越えスタートに加えて二打目以降の谷越えもあります。

グリーン周りには多くガードバンカーが配置されており、ホールによっては道中のフェアウェイに池も見られるので、障害物をどれだけ避けられるかがポイントです。

そして海・山コースはバックティーからの距離が6823ヤードと長く、フェアウェイも広めとなっています。
ティーショットで飛ばしていっても問題はありませんが、池越えスタートが多くあるので、抑えるべきポイントの見極めが重要です。

海コースは中盤の5番から7番ホールで巨大な池があるものの、全体的には障害物の数は少なめとなっています。

また、山コースはグリーン周りに多くの障害物があり、アプローチショットでの池越えもあるので、アイアンの技術が問われる構成です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ