茨木高原カンツリー倶楽部は歴史があり、プロトーナメントも開催された

茨木高原カンツリー倶楽部は、大阪府茨木市で1961年より営業を行っているゴルフ場です。
大阪府内の中でも早くに作られた名門ゴルフ場で、1974年にはプロトーナメント、関西プロゴルフ選手権が開催されています。
ここは箕面連山の頂上、標高680メートル付近の高所に位置しているので、大阪市からアクセスしやすいという特徴と、涼しくラウンド出来る避暑地としての特徴を併せ持っているゴルフ場です。

そして大阪市方面や北摂に広がっている山々を望むことが可能であり、眺望の面でも優れています。

ラウンドスタイルはキャディ付きとセルフプレーの選択式であり、利用料金はやや高めに設定されているものの、平日且つセルフプレーならさほど高くはありません。

茨木高原カンツリー倶楽部の18ホールは町田義雄氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6773ヤードと長めです。
山に作られていますが、高低差は少なく、打ち上げや打ち下ろしが苦手な方でも問題なく回ることが出来ます。

また、インターバルが短く作られているのも特徴であり、ホールアウト後はすぐに次のホールに向かえるのでテンポ良くプレーしたい場合には打ってつけです。

そしてアウトコースは真っ直ぐ作られており、ティーグラウンドの位置を確認出来ないブラインドホールを排しています。
一方のインコースは池越えスタートと複数の谷越えスタートがあり、変化に富んだ構成が特徴です。

さらにバンカーがティーショットが落ちそうな地点から配置されているので、注意する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ