宇都宮ロイヤルゴルフ倶楽部は2012年にJGMゴルフクラブ 宇都宮コースとなった

1997年、栃木県宇都宮市に開場したゴルフ場が宇都宮ロイヤルゴルフ倶楽部です。
株式会社ジャパンゴルフマネージメントが所有しており、2012年に「JGMゴルフクラブ 宇都宮コース」と名前が改められています。
ここはメンバーシップ制で営業を行っていますが、全日ビジターのみで利用することが出来るので、会員権を持った知り合いがいない場合でも訪れやすいゴルフ場です。

宇都宮市北部の郊外に作られており、篠井富屋連峰の雄大な山々が景観面での見所となっています。
東北自動車道の宇都宮インターチェンジからおよそ3kmと近く、容易にアクセス出来るのが利点です。

宇都宮ロイヤルゴルフ倶楽部の18ホールはジャック・ニクラス氏が設計を担当しており、グリーンから最も遠いブラックティーからの距離は6664ヤードと平均よりやや長めとなっています。

丘陵地帯に作られていますが高低差は少なく、フェアウェイの幅も十分にあるのでティーショットは伸び伸びと打っていくことが可能です。

さらに見通しも良く、ティーショットを打てばグリーンの位置を確認出来るので、ショットの方向性で困ることは殆どありません。
アウトコースは障害物の数もさほど多くはありませんが、一方のインコースでは巨大な池に加えてバンカーも登場するテクニカルな構成です。

アウトコースで池が配置されているのは9番ミドルホールだけですが、インコースは後半に池が絡むホールが続くので、池への打ち込みを避けることがスコアメイクの上で重要となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ