三井不動産グループが経営している臼杵カントリークラブ

大分県臼杵市で1975年より営業を行っているゴルフ場が、臼杵カントリークラブです。
三井不動産グループが経営を手がけており、女子プロトーナメントのLPGAステップアップツアーや、九州アマチュア選手権といった大会が開催されています。
平日は会員の紹介が、土日祝は会員の同伴が利用条件として定められているものの、ゴルフ場予約サイト経由で申し込めばビジターのみで利用することが可能です。

しかし、公式ホームページではベストレート保証を謳っており、公式ホームページから予約した場合が最安値となっています。
ここは大分県内の中でも早めに作られたゴルフ場ですが、改修が行われているクラブハウスはシックに仕上がっており、古さを感じさせません。

臼杵カントリークラブの18ホールは謝永郁氏が設計を担当しており、バックティーからの距離が6914ヤードと長めです。

距離感が狂う程の高低差はありませんが、ティーグラウンドが高い位置にあるのでティーショットで打ち下ろしの形が多く、逆に二打目は打ち上げの可能性が高めとなっています。

また、ティーグラウンドからホール全体を見下ろせるように作られているので、ゴール地点であるグリーンの位置が分かりやすく、打ち出す前に戦略を組み立てることが可能です。

そしてホールの途中で大きく角度を変えることは少ないので、ドライバーショットに自信を持っているプレーヤーの方に向いています。

一方で障害物としてはグリーン周りにガードバンカーが多く、アプローチショットは躓きやすいポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ