越後ゴルフ倶楽部の18ホールは距離が7210ヤードと長い

越後ゴルフ倶楽部は、新潟県魚沼市で1993年より営業を行っているゴルフ場です。
越後三山と呼ばれている八海山、越後駒ケ岳、中ノ岳を南に望むことが可能であり、景観の面で優れています。
関越自動車道の小出インターチェンジからおよそ12km、JR上越新幹線の浦佐駅から自動車で25分程度の距離に位置しており、県外からのアクセスも容易です。

メンバーシップ制で営業を行っているゴルフ場ですが、全日ビジターのみで予約を取れるので、利用の際のハードルはさほど高くありません。

駐車場の近くには健康、家内安全、そしてゴルフの上達に効果があるとされている道光高原神社があり、敷地内に神社がある珍しいゴルフ場です。

越後ゴルフ倶楽部の18ホールは浅見勝一氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は7210ヤードと国内でも屈指の長距離コースとなっています。

その為、新潟県内のゴルフ場の中ではコースレートが高く、刻んでいくという打ち方では好スコアが望めません。
そしてアウトコースは高低差が殆どなく、フラットに近い感覚で打てますが、アウトコースは打ち下ろしでスタートすることが多めです。

アウトコースでは3ホールで谷越えスタートが待ち構えているので、ティーショットの出来も重要となっています。
一方で障害物の数はさほど多くはなく、バンカーが全く配置されていないホールもあるので砂に捕まって打数が嵩むことはあまりありません。

池もさほど大きくはないものの、池越えスタートが複数あるので注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ