加舎の里カントリーはセミパブリック制で営業を行っている

京都府亀岡市で1977年より営業を行っているゴルフ場が、加舎の里カントリーです。
友の会の会員がいるものの、ビジターの利用者が多いセミパブリック制で営業を行っています。
その為、会員権とは無縁であったとしても訪れやすく、コースに出られるゴルファーなら問題なく利用が可能です。

ここは公式ホームページを持っていますが、オンラインからの予約には対応しておらず、利用したい場合は電話をかける必要があります。
全組セルフプレーで回ることとなり、キャディ付きのプレーを行うことは出来ませんが、利用料金は安めです。

加舎の里カントリーの18ホールではバックティーが用意されておらず、レギュラーティーからの距離は5525ヤードと長くはありません。
アウトコースはロングホールの数が少なく、逆にショートホールが多いのでパーは34に設定されています。

そしてインコースはパーは36ですが、ショート、ミドル、ロングホールが3つずつという構成です。

また、最終の18番ロングホールは567ヤードと非常に長いものの、他に500ヤードを超えているホールはなく、ショートゲームを得意とする方は好スコアが期待出来ます。

高低差を色濃く残しているので打ち上げ、打ち下ろしの形が多く、距離感が狂わないよう注意が必要です。
バンカーはさほど多くはないので、砂に捕まってスコアが崩れることはあまりありませんが、池は小さめのものが多くあります。

その為、池越えの形になることが多く、池は最も警戒しなければいけない障害物です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ