加西インターチェンジから非常に近い加西インターカントリークラブ

1968年、兵庫県加西市に開場したゴルフ場が加西インターカントリークラブです。
ゴルフ場の名前に加西インターとある通り、中国自動車道の加西インターチェンジからおよそ1kmの距離にあります。
その為、中国自動車道を利用出来るならばアクセスしやすく、兵庫県南部、中部からアクセスしやすいのは勿論のこと、岡山方面や大阪方面からのアクセスも容易です。

アクセス性に優れているだけでなく、広大な敷地に豪華なクラブハウスを備えているので、敷地内にも見所が多くあります。
基本的にはセルフプレーで回ることとなりますが、希望すればキャディ付きで回ることも可能です。

しかしキャディには限りがあるので、希望した場合でもキャディが付かないこともあります。
加西インターカントリークラブの18ホールは藤井邦彦氏、上田治氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6865ヤードと長めです。

アウトコースとインコースで異なる特徴を持っており、アウトコースは高低差は少なく、3500ヤードを超えているので好スコアを狙う場合に飛距離が重要となっています。

また、インコースは山裾に作られているので終始アップダウンがあり、打ち上げや打ち下ろしの形をどう乗り切るかが重要です。
障害物も多く配置されており、ティーショットでいきなりバンカーに打ち込むことも珍しくありません。

さらに大きな池も多く配置されているので、ミスショットの場合は池にボールが向かいやすく、プレッシャーを感じやすい構成です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ