角田市民ゴルフ場は阿武隈川の河川敷に位置している

宮城県角田市で1992年より営業を行っているゴルフ場が角田市民ゴルフ場です。
阿武隈川の河川敷に作られている河川敷コースであり、会員権を持ったメンバーがいないパブリック制を採用しています。
全組セルフプレーで回ることとなり、移動方法は歩きなので、運動には打ってつけのゴルフ場です。

9ホール構成で営業を行っているのが特徴であり、18ホールのプレーを楽しみたいならば二度回る必要があります。
18ホールのプレーを行った場合でも格安で利用出来るのが最大の利点であり、近隣にお住まいの方ならリーズナブルな価格で利用可能です。

東北地方のゴルフ場は冬季はクローズであることが多めですが、このゴルフ場では年間を通して営業を行っています。

角田市民ゴルフ場の9ホールはバックティーからの距離が3561ヤードと非常に長く、18ホールのプレーでは7100ヤードを超えるので、豪快なドライバーショットを楽しむことが可能です。

ティーショットが落ちる地点は広く作られており、真っ直ぐレイアウトされているので、一打目から爽快感を味わうことが出来ます。

際立って長いホールがあるわけではありませんが、ミドルホールが軒並み長く、飛距離は欠かせない要素です。
バンカーはさほど多くは配置されていませんが、フェアウェイから多く登場するのでティーショットでいきなる打ち込む可能性も十分にあります。

池はコース内に2個と少なく、池越えの形はないので、打球を大きく曲げない限りプレーに絡んでくることはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ