関西軽井沢ゴルフ倶楽部は4コース、計36ホールを持つ

関西軽井沢ゴルフ倶楽部は兵庫県川辺郡猪名川町で1972年より営業を行っているゴルフ場です。
9ホール構成の4コース、計36ホールを持っているものの、東西コース、南北コースで分けられることが殆どとなっています。
どちらのコースでプレーするかによっても値段は大きく変化し、条件が一緒ならば南北コースの方が安めです。

メンバーシップ制を採用していますが、ビジターのみの場合でも予約を取ることは出来るので、訪れやすくなっています。
利用料金は抑えられており、その理由としてセルフプレーが基本である点が挙げられますが、キャディ付きのプレーも可能です。

しかしキャディを付ける場合は予約を取る必要があり、それでも必ず予約を取れるとは限りません。
ラウンド後には温泉を楽しむことが可能であり、レストランの食事も評価が高く名物的な存在です。

関西軽井沢ゴルフ倶楽部の36ホールは山岳地帯に位置しており、東、西コースは平均的な距離ですが、残る18ホールは距離が短めとなっています。

敷地内は高低差がありますが、インターバルで高低差を上手く処理している箇所もあり、打ち上げや打ち下ろしが極めて多いわけではありません。

南北コースは途中で角度を変えるドッグレッグが多く採用されており、テクニックが求められる構成です。

バンカーの数は全体的に少なく、砂に捕まってスコアが崩れることはあまりありませんが、池は一部に大きめのものが配置されており、注意する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ