標高180メートル付近に位置している紀南カントリークラブ

和歌山県日高郡印南町で1976年より営業を行っているゴルフ場が紀南カントリークラブです。
標高180メートル付近に位置しており、太平洋から比較的近いので、雄大な海を一望することが出来ます。
多数の宿泊施設と提携しているのが特徴であり、ゴルフと宿泊を両方楽しめる宿泊プランも用意されているので、泊まりがけでのプレーも可能です。

JR紀勢本線の御坊駅から自動車で15分程度の距離にあり、電車を使った場合でも容易にアクセスすることが出来ます。
原則として利用する際には会員の紹介が必要とされていますが、ビジターのみでも問題なく予約を取ることが可能です。

1993年に建て替えられたクラブハウス、コースを一望することが出来るバスルームは敷地内の名物となっています。

紀南カントリークラブの18ホールはバックティーからの距離が7041ヤードと非常に長く、ティーショットは打ち下ろしの形が多めです。

フェアウェイは全体的に広めですが、ホールの途中で大きく角度を変えることも珍しくはなく、遠くに飛ばすだけでは好スコアは期待出来ません。

大きく角度を変えるホールがあるのはアウトコースであり、インコースでは大きく曲がることは少なめとなっています。
しかし、インコースでは多数の池が登場し、池越えスタートに加えてグリーンへのアプローチショットが池越えの形もあり、テクニカルな構成です。

池以外にもバンカーが障害物として配置されていますが、数はさほど多くはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ