施設は高級感があり、プロトーナメントも開催された鬼ノ城ゴルフ倶楽部

鬼ノ城ゴルフ倶楽部は岡山県総社市で1992年より営業を行っているゴルフ場です。
ゴルフ場の施設は高級感を前面に押し出しており、和洋中の食事を楽しむことが出来るレストラン、檜風呂を楽しむことも可能なロイヤルルームなどが施設内の見所となっています。
会員の紹介か同伴がないと利用することは出来ませんが、ゴルフ場予約サイトを経由すればビジターのみでも利用は可能です。

開場後すぐの1995年にはプロトーナメント、ノベルKSBオープンが開催されており、高い評価を受けています。
利用料金の中にキャディフィーが組み込まれているので、やや高めの値段設定であり、セルフプレーを行うことは出来ません。

鬼ノ城ゴルフ倶楽部の18ホールはロバート・トレント・ジョーンズJr.氏が設計を担当しており、グリーンから最も遠いチャンピオンティーからの距離は7004ヤードと長距離コースです。

フェアウェイは広く設定されており、アウトコースは全体的に真っ直ぐレイアウトされています。
しかしインコースはホールの途中で角度を変えるドッグレッグが多く、飛距離に加えてコントロール技術、戦略性も必要です。

ティーショットは飛距離を稼ぐと同時に、視界が開けた箇所に落とす必要もあるので、ティーグラウンド付近に障害物はありませんがプレッシャーがかかりやすくなっています。

アウトコースに主に配置されている障害物はバンカーですが、インコースでは大きな池も登場し、ボールを曲げると打ち込むことも珍しくありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ