宮の森カントリー倶楽部は東武グループが所有しているゴルフ場

1991年、栃木県下都賀郡壬生町に開場したゴルフ場が宮の森カントリー倶楽部です。
東武グループが所有しているゴルフ場であり、宇都宮市の近くに位置しており立地条件は良好となっています。
東北自動車道の鹿沼インターチェンジから近く、自動車でアクセスしやすいのは勿論のこと、予約が必要ですが東武日光線の新栃木駅、東北新幹線の宇都宮駅からクラブバスも出ており、自動車を利用出来ない場合でもアクセスが容易です。

平日は会員の紹介か同伴が、土日祝は会員の同伴が必要なゴルフ場であり、利用条件は厳しいものの、ゴルフ場予約サイトを通せばビジターでも予約することが出来ます。

ラウンドスタイルはキャディ付きかセルフプレーであり、セルフプレーを選択した場合のコストパフォーマンスは良好です。

宮の森カントリー倶楽部の18ホールは佐藤昌氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6994ヤードと長距離コースとなっています。

木々が多く残されているのが特徴であり、各ホールは木々で仕切られており、OBを記録することはあまりありません。

最も高低差があるのが4番ミドルホールの7メートルの打ち下ろしであり、高低差が原因でスコアを崩すことは少なめです。

随所に池が配置されており、半数近いホールで池がプレーに絡んでくるので、プレッシャーがかかりやすくなっています。
またバンカーもグリーンの周囲を中心として多く配置されており、障害物をどれだけ避けられるかがスコアメイクの鍵です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ