宮崎座論梅ゴルフクラブは距離が長く、アクセスしやすい

宮崎県児湯郡新富町で1975年より営業を行っているゴルフ場が宮崎座論梅ゴルフクラブです。
メンバーシップ制を採用しているものの、ビジターのみで予約を取ることが可能であり、また利用料金もさほど高くはありません。
キャディ付き、且つ土日祝であってもお手頃な価格で利用が可能ですが、セルフプレーを利用する場合は更にコストパフォーマンスが良好となっています。

平日は軒並み安く利用することが出来ますが、完全セルフデーの月曜日は使えない施設があるものの一際安く利用が可能です。
敷地内には木々に加えて花が多く残されており、四季折々の美しい景観を楽しむことが出来ます。

JR日豊本線の高鍋駅、そして宮崎空港から近いので、自動車が利用出来ない場合でも問題なく移動することが可能です。

宮崎座論梅ゴルフクラブの18ホールは渡部公道氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6895ヤードと十分にあります。
フェアウェイの幅は全体的に広く、アウトコースは木々により完全に仕切られているのでOBを記録することはあまりありません。

インコースは角度が大きく変わることが多く、フェアウェイにうねりが残されているので二打目以降の難度が高めとなっています。

高低差は残されているものの、打ち上げの形は少なく、インコースでは打ち下ろしが多めです。

池は多く配置されていますが、プレーに絡んでくるものは少なく、グリーン周囲のガードバンカーに最も気をつける必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ