木々が多く、動物と出会うこともある釧路風林カントリークラブ

1978年、北海道阿寒郡鶴居村に開場したゴルフ場が、釧路風林カントリークラブです。
たんちょう釧路空港、JR釧路駅から自動車で30分程度の距離にあり、交通の便は良好となっています。
利用料金は平均的ですが、ビジターの方でもセルフプレーなら割安で利用することが可能であり、月曜日と金曜日はセルフデーなので特にお得です。

ここは北海道ならではの雄大な自然が魅力であり、敷地内では野生の動物と出会うことも珍しくありません。

季節によって見かけることの出来る動物は変わってきますが、キタキツネ、エゾシカにタンチョウヅルといった、北海道を代表する動物と遭遇することがあります。

宿泊プランは用意されていませんが、ロッジを備えており、提携ホテルも複数あるので泊まりがけでのプレーに向いているゴルフ場です。

釧路風林カントリークラブは9ホール構成の3コースを所有しており、興水潔氏が設計を担当しました。
丘陵地帯に展開されていますが、エゾマツ、白樺といった木々が多く植えられているので林間コースの趣も持っています。

また、打ち上げや打ち下ろしの形はあまりないので、高低差が原因で距離感が狂うことは殆どありません。

ホールの途中で角度を変えるドッグレッグもあまり採用されていませんが、フェアウェイはさほど広くはないので、フェアウェイをキープするのは困難です。

そしてバンカー、池の数は全体的に少ないものの、池は大きめのものが配置されており、池越えスタートも複数あります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ