18ホールで丘陵地帯の自然を活かしている高槻カントリー倶楽部

1976年、大阪府高槻市に開場したゴルフ場が高槻カントリー倶楽部です。
JR高槻駅からクラブバスが出ており、高槻駅からバスを使ってアクセスすることもできるので、自動車を持っていない場合でも訪れやすいゴルフ場となっています。
高槻カントリー倶楽部の18ホールはバックティーからの距離が6330ヤードと短めの数字です。

丘陵地帯に展開されており、自然を活かした構成なので打ち上げ、打ち下ろしの形になることが多くなっています。

元の土地の傾斜も残っていますが、コース作りの際に意図的に傾斜が作られているのでボールが曲がり予想外の方向に飛んで行くことも珍しくありません。

フェアウェイは広く作られており、途中で角度が変わるドッグレッグは多くあるものの、大きく角度が変わることはありません。
グリーンの位置を把握しづらい5番ロングは難所ですが、ほとんどのホールはグリーンの位置を確認してから打ち出すことができます。

二打目以降は傾斜の影響で曲がりやすいので、ティーショットでボールを狙い通りの箇所に運ぶことができるかがスコアメイクの上で重要です。

バンカーの数は平均的ですが、ティーショットが落ちそうな地点からバンカーが配置されていることが多く、一打目でも油断はできません。

池は個数こそ少ないものの、グリーン手前に池が配置されている5番ロング、14番ショート、18番ロング、池越えスタートの10番ミドルホールは水に落としやすく、打数がかさみやすいポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ