三田レークサイドカントリークラブは27ホールを持ち、アクセスしやすい

1973年、兵庫県三田市に開場したゴルフ場が、三田レークサイドカントリークラブです。
神戸を始めとした阪神地区からアクセスしやすいだけでなく、姫路、加古川方面からも訪れやすいゴルフ場となっています。
三田レークサイドカントリークラブが所有している9ホール構成の3コースは、J・E・クレイン氏が設計を担当しました。

最も距離が短いのが清水コースであり、全体的に真っ直ぐ作られているものの、途中で角度を変えるドッグレッグはあります。

曲がり方はさほどでもありませんが、左に緩やかに曲がる1番ミドル、右に緩やかに曲がる3番ミドルホールはティーグラウンドからグリーンを確認することが難しく、打ち出しの方向で困ることも珍しくありません。

グリーンの数は少なく、池もありますがさほど大きくはないので、障害物に打ち込んでスコアがかさむことは少なめです。

距離の面で中間なのが東播コースであり、フェアウェイも広く作られておりティーショットから攻めていくことが出来ます。

障害物の数は少なめですが、池、バンカー共に大きく、4番ミドルの両グリーンの間にある池、9番ミドルホールのフェアウェイ左手にある池には注意が必要です。

最も距離が長いのが北摂コースであり、ティーグラウンドからの見通しも良好となっています。

バンカーの数はやや多く、1番ミドル、4番ロング、5番ミドルホールでは砂に捕まる可能性が高めです。
池の数は少ないものの、谷越えスタートが二回あります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ