距離が長く、傾斜を意図的に作っている山岡カントリークラブ

岐阜県恵那市で1987年より営業を行っているゴルフ場が、山岡カントリークラブです。
2008年には経営会社が民事再生法の適用を申請していますが、ゲイン・キャピタル株式会社をスポンサーとして再建されることとなりました。
2014年にはPGMグループが株式を取得し傘下に収めましたが、ゴルフ場の名前は変更されていません。

山岡カントリークラブの18ホールは中島義雄氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6868ヤードと距離も十分にあります。
なだらかな丘陵地帯に展開されていますが、木々が多く残されており、高低差も少ないので林間コースの趣きを持っているのが特徴です。

アンジュレーションと呼ばれている傾斜を意図的に作っているので、フェアウェイをキープしている場合でも曲がりやすく、狙った場所から離れていくことも珍しくありません。

フェアウェイの幅は十分であり、全体的に真っ直ぐのレイアウトが多いので見通しは良く、どこにボールを落とせば良いか考えながらプレーすることが出来ます。

バンカーの数は平均的ですが、複雑な形をしているものが多く、ティーショットが落ちそうな地点からバンカーが登場するのが特徴です。

1番ミドル、14番ミドルホールはティーショットから砂に捕まる可能性が高く、注意する必要があります。

池の数は少なめですが、フェアウェイやグリーンの近くに配置されているのでプレーに絡みやすく、特に2番ロングホールはグリーン手前に池があり、アプローチショットは池越えです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ