山口レインボーヒルズ泉水原ゴルフ場の18ホールは7000ヤードを越えている

山口レインボーヒルズ泉水原ゴルフ場は、山口県山口市で1974年より営業を行っているゴルフ場です。
中国自動車道の山口インターチェンジから近く、自動車を利用する場合はアクセスが容易となっています。
山口レインボーヒルズ泉水原ゴルフ場の18ホールは田中肇氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は7032ヤードと長距離コースです。

丘陵コースと林間コースの特徴を併せ持っており、木々により各ホールは仕切られているものの、高低差や傾斜は残っています。
特にアンジュレーションと呼ばれている傾斜はフェアウェイでも見られ、ボールが曲がりやすいのでフェアウェイをキープしていても油断は出来ません。

フェアウェイは広く作られていますが、ホールの途中で角度を変えるドッグレッグが多めとなっています。

ドッグレッグであり曲がり方が急な5番ロング、17番ミドルホールではティーグラウンドからグリーンの位置を確認するのが難しく、打ち出しの方向に困ることも珍しくありません。

バンカーの数は平均的であり、基本的にはグリーンの周囲にしか配置されていませんが、ドッグレッグ気味の2番ミドルホールではフェアウェイからバンカーが登場します。

池は数が少なく、面積もさほどではありませんが、グリーンの近くに池が配置されている16番ミドル、フェアウェイの途中に池が配置されている18番ロングホールは注意が必要です。

池越えスタートはありませんが、丘陵地帯ならではの谷越えスタートがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ