山に囲まれており、景観面で優れている山東カントリークラブ

1977年、兵庫県朝来市に開場したゴルフ場が、山東カントリークラブです。
宝珠峠と呼ばれている美しい丘陵地帯に位置しており、東西南北いずれの方向にも雄大な山々を望むことが出来ます。
宿泊施設としてロッジを備えており、お得な宿泊プランも用意されているので、泊まりがけでのプレーにも向いているゴルフ場です。

山東カントリークラブの18ホールは間野貞吉氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6902ヤードと距離も十分にあります。

フェアウェイは十分に広く作られていますが、ラフの割合も多いので打球が曲がった場合はラフに行きやすく、飛距離だけでなくコントロール技術も重要です。

ホールの途中で角度を変えるドッグレッグも多く、大きく右に曲がっていく3番ロング、右に曲がっていきフェアウェイが途中で分断されている12番ミドルホールは打数がかさむことも珍しくありません。

アウトコースは3番以外にドッグレッグはなく、距離も長いので豪快なドライバーショットを楽しむことが出来ます。

バンカーの数は少なく、グリーンの周囲にもあまり配置されていませんが、13番ロングホールはティーショットが落ちそうな地点から小さなバンカーが多数あり、砂に捕まりやすい構成です。

池は小さめですが、要所に配置されており、池がフェアウェイ上にある9番ミドル、巨大な池を越えていく11番ショート、フェアウェイとグリーン近くに池がある18番ミドルホールは池に打ち込みやすくなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ