鹿児島国際ゴルフ倶楽部は高速道路のインターチェンジから近い

1975年、鹿児島県姶良郡加治木町に開場したゴルフ場が鹿児島国際ゴルフ倶楽部です。
九州自動車道の加治木インターチェンジから近く、自動車を利用した場合のアクセス性に優れています。
錦江湾とも呼ばれている、鹿児島湾に向かってショットすることが多く、南に望むことが出来る桜島が景観面での名物です。

鹿児島国際ゴルフ倶楽部の18ホールは浅川吉男氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6370ヤードとさほど長くはありません。
丘陵地帯に展開されていますが、フラットに仕上がっているので高低差により、距離感が狂うことは少なめです。

フェアウェイには傾斜が残っており、打球が曲がりやすく、狙い通りのところに打つことが難しくなっています。

フェアウェイは広く作られているものの、アウトコースでは途中で角度を変えるドッグレッグが多く、特に5番ロングホールは大きく曲がるので難度が高めです。

一方でインコースは全体的に真っ直ぐ作られており、フェアウェイの角度が変わらないオーソドックスな作りとなっています。

障害物は多めに配置されており、グリーン周りのガードバンカーは面積も大きく、アプローチショットの際にプレーヤーを苦しめる存在です。

9番ミドル、15番ショートホールはバンカーが多く、砂に捕まると大きくスコアを崩すことも珍しくありません。
池の数はインコースで特に多く、池越えスタートの13番ミドル、グリーン手前に大きな池がある17番ミドルホールは注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ