庄原カントリークラブの18ホールは7000ヤードを超えている

1975年、広島県庄原市に開場したゴルフ場が庄原カントリークラブです。
中国山地の雄大な山々を背景にしてプレーを行うことが可能であり、恵まれた自然を最大限に活かした構成が特徴となっています。
グリーンから次のティーグラウンドの間のインターバルは短く、リズム良くプレーすることが可能です。

庄原カントリークラブの18ホールは鈴木正一氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は7020ヤードと中国地方を代表する長距離コースとなっています。

丘陵地帯に展開されていますが、高低差は少なく、プレーの途中で距離感が狂うということはほとんどありません。
しかしフェアウェイにはアンジュレーションと呼ばれている傾斜が残っており、フェアウェイからでもボールが曲がりやすいのが特徴です。

フェアウェイの幅は十分にありますが、ホールの途中で角度を変えるドッグレッグを多く採用しており、高いコントロール技術、正確性が求められます。

フェアウェイの角度が二度変わる7番ミドル、途中から左方向に曲がっていく9番ロング、折り返し地点から右に大きく曲がっていく11番ロングホールは難所です。

丘陵コースの定番である谷越えがあり、他に池やバンカーの数も多めなので、障害物によりスコアを崩すことも珍しくありません。

グリーン周り、フェアウェイに大きいバンカーがある15番ミドル、池越えスタートの6番ショート、フェアウェイの真ん中に大きめの池が配置されている14番ロングホールは注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ