沼津国際カントリークラブはグリーンの仕上がりに定評がある

静岡県沼津市で1975年より営業を行っているゴルフ場が沼津国際カントリークラブです。
マスターズの舞台として知られているオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブと同じく、Penn-A2と呼ばれる芝をグリーンで採用しています。
その為、日本でも屈指の高速なグリーンに仕上がっており、パッティングの面で高い評価を受けているゴルフ場です。

沼津国際カントリークラブは9ホール構成の3コースを所有しており、全て春日井薫氏が設計を担当しました。
富士コースと呼ばれている9ホールは最も距離が長いものの、フェアウェイが曲がりくねっているのでコントロール技術も求められます。

途中で角度が変わるドッグレッグを採用した3番ミドル、フェアウェイが徐々に細くなっていく7番ミドルホールは難度が高めです。
バンカーはやや多めに配置されていますが、池は非常に少なく、小さめなので障害物に打ち込んでスコアを崩すことはあまりありません。

箱根コースと呼ばれている9ホールはドッグレッグ気味のレイアウトもありますが、全体的にはティーグラウンドからグリーンまで真っ直ぐ伸びており最もオーソドックスな構成です。

グリーン手前でフェアウェイの角度が変わる4番ミドル、8番ミドルホールはボールを落とす位置が重要となっています。

天城コースと呼ばれている9ホールは最も距離が短く、終始ドッグレッグが登場するテクニカルなコースです。

グリーンまでに二度角度が変わる8番ロングホールは難所となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ