東コースと西コースがあり、計36ホールを所有している城陽カントリー倶楽部

1959年、京都府城陽市に開場したゴルフ場が城陽カントリー倶楽部です。
京都府内で2番目に作られたゴルフ場であり、歴史と伝統があるだけでなく、プロトーナメントの開催実績もあります。
広大な敷地内に18ホールのコースを二つ、計36ホールを所有しており、共に佐藤儀一氏が設計を担当しました。

東コースと呼ばれている18ホールの方は開場時からあり、最も遠いチャンピオンティーからの距離が6998ヤードと距離も十分です。
丘陵地帯に展開されていますが、木々が多く残っており、各ホールは仕切られているので林間コースのような趣きとなっています。

フェアウェイの幅は十分にあり、大きく角度が変わることも少なめなので、飛距離を含め総合的な実力が問われる構成です。
障害物を多く配置して難度を上げているタイプではなく、池、バンカー共に数は少なめとなっています。

一方、西コースと呼ばれている18ホールは1960年に完成しており、バックティーからの距離は6241ヤードとかなり短めです。
全体的に真っ直ぐ作られており、角度が大きく変わることは少なめですが、曲がりくねったフェアウェイが多くなっています。

4番ミドル、12番ミドルホール、13番ロングホールはフェアウェイが安定しておらず、特にコントロールが重要です。

池は少なく、コース内に4個しかありませんが、バンカーはフェアウェイから多数登場するので、砂に打ち込みやすくなっています。

グリーン周りにはガードバンカーが的確に配置されており、アプローチショットの難度は高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ