常盤ロイヤルカントリークラブは常盤薬品株式会社のグループ企業が所有

1975年、山口県宇部市に開場したゴルフ場が常盤ロイヤルカントリークラブです。
宇部市に本社がある常盤薬品株式会社のグループ企業が所有しているゴルフ場であり、池が多く自然を活かした作りが特徴となっています。
小野湖の傍の丘に展開されており、小野湖と敷地内外に多く残されている自然な景観が名物です。

常盤ロイヤルカントリークラブの18ホールは細石憲二氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6571ヤードと平均的な数字となっています。
丘陵地帯の自然をそのまま残しているので、高低差と傾斜が共にあり、ホールの途中で角度を変えるドッグレッグも多めです。

複雑なドッグレッグが多数採用されているので、フェアウェイは常に曲がりくねっており、複数回角度が変わることも珍しくありません。

8番ミドル、9番ロング、18番ロングホールはドッグレッグを採用しており、グリーンまでに二回以上角度が変わるので難易度が高めです。

角度が変わるポイントはショートカットのチャンスでもあり、プレーヤーは果敢に攻めるか、フェアウェイをキープするか選択することとなります。
障害物は多めに配置されており、バンカーはグリーン周りだけでなく、フェアウェイの角度が変わる地点にも多くあるのが特徴です。

このコースを代表する障害物が池の存在であり、半数以上のホールで大小様々な池がプレーヤーの進行を邪魔しています。

フェアウェイを分断するように池が配置されている2番ミドルホールは特に注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ