新城カントリー倶楽部は山岳地帯に27ホールを所収している

新城カントリー倶楽部は、1975年より愛知県新城市で営業を行っているゴルフ場です。
豊川や、戦国時代に詳しい方なら知っている可能性が高い長篠城跡が近くにあり、抜群の景観を誇っています。
9ホール構成の3コースを所有しており、全てのコースはウィリアム F ベル氏が設計を担当しました。

山岳地帯に展開されており、打ち上げと打ち下ろしが多く、特に打ち下ろしの形となることが多めです。

南コースと呼ばれている9ホールは距離が最も長いものの、途中で角度を変えるドッグレッグが多く、フェアウェイが狭い箇所もあるので高いコントロール技術が必要となっています。

また、池やバンカーといった障害物は少なく、ドッグレッグである2番ミドルホールはドッグレッグの構成であり、自然を活かし且つ難易度が高めです。

東コースと呼ばれている9ホールは最も距離が短く、ドッグレッグの割合が多いテクニカルな構成となっています。
ドッグレッグの曲がり方が急な6番ミドル、池越えスタートでフェアウェイが狭い1番ミドルホールは難所です。

北コースと呼ばれている9ホールは、全体的に真っ直ぐ作られておりフェアウェイも広めですが、ラフの割合が多く、ティーショットを落とす位置が重要となっています。

ドッグレッグであり角度が二度変わる4番ロング、距離が最も長くフェアウェイに池が配置されている6番ロングホールは、特にスコアを崩しやすいポイントです。

一方でバンカーと池は全体的に少なく、障害物に捕まることはあまりありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ