新白河ゴルフ倶楽部では泊まりのプランが用意されている

新白河ゴルフ倶楽部は、1976年より福島県白河市で営業を行っているゴルフ場です。
高速道路のインターチェンジから近くアクセス面で優れており、近隣のホテルと提携しているので、泊まりでのラウンドにも向いています。
白河の山々が景観面での見所である新白河ゴルフ倶楽部の18ホールは、川村裕二氏が設計を担当しました。

バックティーからの距離は6906ヤードと距離も長く、各ホールは豊富に植えられた木々により仕切られているので、OBを出す心配はあまりありません。

ホールの途中で角度が変わるドッグレッグはあるものの、大きく角度が変わることは少なく、フェアウェイが広いので打ちやすい作りとなっています。

また、ティーグラウンドからグリーンを確認出来ないブラインドは少なく、各ホール間のインターバルも短く作られているので、ストレスを感じることなくプレーすることが可能です。

しかし、ミドルホールは距離が長めに設定されており、ボールが曲がりやすい二打目以降の飛距離が重要となっています。

アウトコースとインコースでは特徴が異なり、アウトコースはバンカーに加えて池が登場するので、障害物のせいで打数が嵩むことも珍しくありません。

特に、グリーンの近くに池が配置されている3番ミドル、8番ショートホールは躓きやすいポイントです。

一方でインコースはバンカーが多めですが、池は一個も配置されておらず、代わりに丘陵地帯の代名詞と言える谷越えがあり、思い切って打たないと谷に落ちることもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ