公式ホームページを持っていない深川カントリー倶楽部

深川カントリー倶楽部は、1972年より北海道深川市で営業を行っているゴルフ場です。
かつては27ホール体制で営業を行っていたようですが、後に中コースと西コースの計18ホール体制に変わりました。
空知平野を望むことができ、北海道ならではの自然の中でプレーすることが可能となっています。

公式ホームページを持っていないので、値段やプラン、ドレスコードといったゴルフ場を利用するに当たっての重要な点は、殆どが不明です。
また、インターネットを通したゴルフ場予約にも対応しておらず、プレーする際のハードルは高くなっています。

18ホールは斉藤司氏が設計を担当しており、丘陵地帯に展開されているので高低差と傾斜が色濃く残っているのが特徴です。

バックティーからの距離は7010ヤードと長く、またフェアウェイが広めに設定されていることもあり、豪快なドライバーショットを堪能することが出来ます。

フェアウェイは広いものの、木々がさほど多くはないのでOBが出やすく、ラフの割合が多いこともあってコントロール技術も必要です。

また、傾斜と高低差がきつい分、バンカーや池といった障害物はあまり配置されておらず、バンカー、池共に一切配置されていないホールもあります。
西コースの6番ミドル、中コースの4番ショート、8番ロング、9番ショートでは池越えスタートなので、プレーヤーにプレッシャーがかかりやすい構成です。

フェアウェイに木が立っていることもあり、この木も障害物の役割を果たしています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ