パブリック制を採用している瀬板の森北九州ゴルフコース

瀬板の森北九州ゴルフコースは、1997年より福岡県北九州市で営業を行っているゴルフ場です。
北九州市内に位置していますが、敷地内には木々と池が多く、都心のオアシスとして気軽に訪れられるよう作られました。
パブリック制を採用しており、会員権を持っている方はいないので、コースに出て打つことが可能な方ならどなたでも利用が出来ます。

キャディさんはおらず、電磁誘導式カートを使ったセルフプレーのみで営業を行っているゴルフ場です。
18ホールのバックティーからの距離は6426ヤードと長くはありませんが、フェアウェイは概ね広く作られており、狭さは感じられません。

丘陵地帯に作られていますが高低差は少なく、木々が多いので林間コースと同じような感覚で打つことが可能となっています。

ホールの途中で角度を変えるドッグレッグは多くあり、角度が変わる地点ではフェアウェイが狭くなることが多いので注意が必要です。

特に5番ミドルホールはドッグレッグであり、グリーンの手前でフェアウェイが狭く作られているので、2打目以降の力加減が難しく、このゴルフ場の中でも屈指の難易度を誇ります。

ゴルフ場自体が水をコンセプトとしているので、池もコース内には多く配置されており、池越えスタートの8番ショート、17番ショート、ドッグレッグと池が組み合わさっている4番ロング、18番ミドルホールは池に打ち込みやすい作りです。

バンカーの数は少なくはありませんが際立って多くもなく、バンカーのせいで大きくスコアを崩すことは少なめとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ