盛岡ハイランドカントリークラブは歴史があり、27ホール体制で営業を行っている

岩手県盛岡市で1974年より営業を行っているゴルフ場が、盛岡ハイランドカントリークラブです。岩手県内で10番目に作られた歴史あるゴルフ場ですが、ビジターの方でも問題なく利用が可能となっています。
丘陵地帯に展開しており、傾斜と高低差が残っている盛岡ハイランドカントリークラブは9ホール構成の3コースを所有し、組み合わせは計3通りです。

東コースと呼ばれている9ホールはフェアウェイが狭めであり、途中で角度が大きく変わるドッグレッグも採用されています。

障害物の数はさほどでもありませんが、池は要所に配置されており、池越えスタートの3番ショート、4番ロング、5番ミドル、ドッグレッグでありグリーンの手前に池が配置されている6番ミドルホールは難易度が高めです。

西コースと呼ばれている9ホールは距離が最も長く、ドッグレッグはあるものの比較的真っ直ぐ作られているのでティーショットから攻めていくことが可能となっています。

池越えスタートで始まりグリーン手前にバンカーが多い4番ミドル、フェアウェイからバンカーが登場する9番ミドルホールは、障害物に捕まる可能性が高めです。

南コースと呼ばれている9ホールは距離が最も短く、ドッグレッグが多く配置されているのでテクニカルなコースとなっています。

ドッグレッグを採用しており、フェアウェイがあまり広くない1番ミドル、5番ミドル、立木がフェアウェイの手前に配置されている9番ミドルホールは自然の障害物を活かした作りです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ