距離が長いものの、様々なゴルファーが楽しめる静ヒルズカントリークラブ

茨城県常陸大宮市で1987年より営業を行っているゴルフ場が、静ヒルズカントリークラブです。
G・R・ベアード氏が18ホールの設計を担当し、後に中嶋常幸氏が全面的に改修を行いました。
トッププロから初心者まで楽しめることをコンセプトとしており、ティーの位置を使いわけることで、様々なレベルのゴルファーに対応したコースに仕上がっています。

プロトーナメントが開催されたこともある、18ホールのバックティーからの距離は7212ヤードであり、国内でも屈指の長距離コースです。
林間地帯に位置しており、高低差は殆ど無く、二打目でも打ちやすいコースに仕上がっています。

木々は多く植えられていますが、各ホールは完全には仕切られていないので、OBを記録してしまう可能性は高めです。
フェアウェイは広く、ホールの途中で角度を変えるドッグレッグは少ないので、ティーショットの方向に困ることは殆どありません。

殆どのホールでティーグラウンドからグリーンを確認することが出来るので、上級者の方は戦略を組み立てて打ち出しの方向を決めることが可能となっています。

バンカー、池の数は少なめですが面積が大きいので、打ち込んでしまった場合にスコアを大きく崩すことも少なくありません。

バンカーが多数配置されている5番ショート、フェアウェイの真ん中にバンカーが配置されている6番ミドル、池越えスタートの16番ミドル、フェアウェイのすぐ傍に池が迫っている17番ミドル、18番ミドルが難所です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ