千葉よみうりカントリークラブはパブリック制を採用しており、距離は短め

千葉県市原市で1978年より営業を行っているゴルフ場が、千葉よみうりカントリークラブです。
読売新聞グループである株式会社よみうりランドが所有しています。
会員権が無いパブリック制を採用しているので、ビジターの方が訪れやすいゴルフ場です。
阿部恒雄氏が、18ホールの設計を担当しました。

バックティーからの距離は、6411ヤードと短めです。
ここは丘陵地帯に位置しており、高低差、傾斜が共にあります。

各ホールは豊富に植えられている木々により仕切られており、OBが出ることは少なめです。
フェアウェイは広めに作られていますが、ラフの割合も多めとなっています。

アウトコースのロングホールはフェアウェイが狭いので、コントロール技術が重要です。
距離があまりない分、変化に富んでおり、ホールの途中で角度が変わることもよくあります。

そして障害物の数は多めです。バンカーの数は平均以上であり、一個一個が大きめとなっています。
3番、6番はバンカーが大きく、16番、17番ホールはバンカーの数が多いので捕まる可能性が高めです。

池も非常に多く配置されており、14番ホールはティーグラウンドからフェアウェイの右手にかけて池が配置されており、難度が高めです。

そしてこのコースの名物が最終の18番であり、東京よみうりカントリークラブの名物である最終18番ホールを模して作られています。

東京よみうりカントリークラブの名物である18番と全く同じ感覚で打てるわけではありませんが、似た感覚で打つことが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ