関コース、土山コースが滋賀県と三重県の県境にある、双鈴ゴルフクラブ

双鈴ゴルフクラブという名前を持つゴルフ場は二つあります。
「関コース」と「土山コース」です。
共にアコーディア・ゴルフが所有しており、開場年月日は同じとなっています。
住所として記録されている都道府県は異なりますが、両者の距離はそう遠くはありません。

関コースは1996年より三重県亀山市で営業を行っており、小林光昭氏が18ホールの設計を担当しました。
バックティーからの距離は6524ヤードであり、やや短めとなっています。

フラットに仕上がっているので高低差に苦しめられる心配は少ないでしょう。

フェアウェイも狭くはないので打ちやすいですが、フェアウェイが途中で大きく曲がる5番、谷越えの17番ショート、大きめの池がある8番、9番、フェアウェイ横に多数のサイドバンカーが配置されている12番ミドルホール等が難所です。

同じく、1996年より滋賀県甲賀市で営業を行っている土山コースの18ホールも、小林光昭氏が設計を担当しました。
バックティーからの距離は6821ヤードであり、やや長めで、丘陵地帯に位置していますが、高低差はあまりありません。

広大な敷地に広々と作られており、フェアウェイも広めです。
またほぼ全てのホールが真っ直ぐ作られているので、豪快にドライバーショットを行いたいという方向けのコースでしょう。

池とバンカーはあまり多くはありません。
しかし両者共に大きめなので、障害物に打ち込んだ時のリスクは高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ