足柄森林カントリー倶楽部は富士山の近くにあり、交通の便が良い

足柄森林カントリー倶楽部は、静岡県駿東郡小山町で1974年より営業を行っているゴルフ場で、富士山の近くに位置しているゴルフ場であり、景観面での名物は富士山となっています。
高速道路のインターチェンジから近く、交通の便も良好です。
富澤誠造氏が18ホールの設計を担当しました。
バックティーからの距離は6702ヤードです。

木々の多い丘陵地帯に作られており、高低差はありますが距離感が狂う程ではありません。
木々は各ホールを仕切っており、OBを出す可能性は少なめですが、ホールの途中で角度が変わるドッグレッグが多めでしょう。

フェアウェイもあまり広くはないので、高いコントロール技術が求められますが、ドッグレッグを採用しているホールも、曲がり方が急ではありません。

15番、18番ホールが最も急に曲がるので注意が必要です。
その上、丘陵コースには付き物の谷越えもあります。

天然の障害物により難度を高めているコースであり、池やバンカーといった人工の障害物は少なめです。
バンカーの数は平均以下となっています。

2番、12番、17番ホールのグリーン周りはやや大きめのバンカーがありますが、他のバンカーは概ね小さめです。
池は一か所にしかありません。

しかし、8番ホールに配置されている池は非常に大きく、また池越えスタートとなっています。
そして最終関門であるパッティングの難度は高めです。

丘陵地帯ならではの傾斜が色濃く残っているので、打数が嵩むことも珍しくはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ