27ホール体制で営業を行っている帯広国際カントリークラブ

帯広国際カントリークラブは、北海道中川郡幕別町で1974年より営業を行っているゴルフ場です。
帯広から自動車で15分程度であり、交通の便は良好となっています。
9ホール構成の3コースを所有しているのが大きな特徴です。
丘陵地帯に作られていますが、高低差はほとんどなく、フラットに仕上がっています。

ゴルフ場近くには十勝川温泉があり、多数の宿泊施設と提携しています。
東コースと呼ばれている9ホールは最も距離が長いのが特徴です。

飛距離が重要となりますが、フェアウェイはやや狭めなのでコントロール技術も求められるでしょう。
障害物はあまり多く配置されていません。

バンカー、池、共に少ないですが、7番ホールには巨大なバンカーがあるので注意が必要です。
中コースにはバンカーも豊富に配置されているので、一度砂に捕まったら抜け出すのに苦労することも珍しくありません。

この9ホールは最も距離が短く、フェアウェイは終始狭めとなっています。
特に4番、5番、6番ホールはバンカーが多い難所です。

池は一か所にあるものの、小さめでプレーに絡むことはあまりないでしょう。
途中で角度が変わるドッグレッグが多めで、谷越えもあり、自然そのものが障害物のコースは西コースの9ホールでしょう。

バンカーや池といった人工的な障害物は少なく、6番ホールでは大きめのバンカーが配置されていますが、他のバンカーは非常に小さめで、池はコース内に一か所もありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ