胎内高原ゴルフ倶楽部の18ホールはどれも個性的

新潟県胎内市で1998年より営業を行っているゴルフ場が胎内高原ゴルフ倶楽部です。
ゴルフ場の名前にもなっている通り、胎内高原に位置しています。
周囲には山が多く、大自然の中でゴルフを楽しむことが可能です。
バックティーからの距離は6740ヤードとなっていて、丘陵地帯に位置しているため、打ち上げや打ち下ろしが多めです。

18ホールは統一感を敢えて出さずに、それぞれの個性を活かした作りとなっています。
フェアウェイはほとんどのホールで広めなので、真ん中に落とすことが出来れば二打目以降も安定して打つことが可能です。

途中で角度が大きく変わる、ドッグレッグを採用しているホールが多めとなっています。
二度角度が変わる14番、グリーン手前で大きく角度が変わる15番ホールは難度が高いでしょう。

障害物はあまり多く配置されておらず、バンカーの数は平均的となっています。

2番、8番、16番ホールでは大きめのバンカーが配置されていますが、他のバンカーは概ね小さめです。
池もありますが、あまりプレーに絡んではきません。

注意が必要なのは12番ショートホールのグリーン手前にある大きめの池ですが、ティーグラウンドからグリーンまでのラインからは外れているので、打ち込む可能性は高くないでしょう。

障害物より、谷越えや打ち上げといった自然の地形に注意する必要があります。
利用料金はやや安めです。

雪が非常に多く降る新潟県にあるゴルフ場なので、冬季は営業を行っていません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ