大仙市民ゴルフ倶楽部と名前を変え営業を続けている大曲市民ゴルフ倶楽部

秋田県大仙市で1984年より営業を行っているゴルフ場が大仙市民ゴルフ倶楽部で、元々は大曲市民ゴルフ倶楽部という名前でした。
しかし、大曲市は2005年に周辺の町や村と合併し、大仙市となります。
それに伴い、ゴルフ場の名前も大仙市民ゴルフ倶楽部と改められました。
大曲市が主導して作った河川敷コースです。

9ホール体制で営業を行っていますので、18ホールのプレーを行いたい場合は二度回ることとなります。
会員権の無い、パブリック制を採用しているのも大きな特徴です。

その為、気軽に訪れることが可能で、利用料金も休めとなっています。
大曲市役所が設計を行いました。

河川敷コースの多くがそうであるように、このゴルフ場も高低差はほとんどなく、バックティーからの距離は3081ヤードです。
二度回っても、6100ヤード台であり距離はありません。

フェアウェイは広めに作られていますので、基本に忠実であるフェアウェイをキープする打ち方が容易でしょう。
距離が短いので、ティーショットで飛距離を稼ぐ意味はあまりありません。

しかし、パー5の3番、8番ホールは思い切って打っても良いでしょう。
木々はほとんど無いので、OBには注意する必要があります。

障害物の数は少なめで、ゴルフ場では定番であるバンカーは5番ホールではやや多めが、全体的にはバンカーは少なめであり、大きさもさほどではありません。

池は9番ホールのティーグラウンド右に見られますが、プレーに絡むことは少なめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ