大雪山カントリークラブは旭川空港の近くにあり、18ホールを二つ所有している

大雪山カントリークラブは1972年より北海道上川郡東神楽町で営業を行っているゴルフ場です。
旭川空港から近く、道内以外からのアクセスも容易で、ゴルフ場の名前にもなっている大雪山が景観面での見所となっており、場所によっては十勝岳、旭川市市街地も望むことが可能です。
18ホールを二つ所有しており、北海道内でも規模の大きなゴルフ場で、中村寅吉氏、阿部恒雄氏が設計に携わりました。

丘陵コースと林間コースの特徴を合わせ持っており、高低差はほとんどありませんが、傾斜はあるので要注意です。
東コースはバックティーから打った場合の距離が6758ヤードであり、距離も十分にあります。

フェアウェイは狭めであり、逆にラフの割合が非常に多めです。
大きく曲がりくねったホールこそないものの、常にシビアなコントロールを求められます。

バンカーの数も多く、特に8番、11番、17番ホールのグリーン周りには大きめのバンカーが配置されているので注意が必要でしょう。
ボールを思い切り飛ばしたいという方には向いているのが西コースです。

フェアウェイは広めに作られており、バックティーから打った場合の距離が6972ヤードであり、長距離コースとなっています。

しかし、曲がりくねったホールが登場するのでフェアウェイが真っ直ぐでない場合はどこに落とすか、戦略性が問われます。
池は一か所だけあり、バンカーの数は平均的で面積はやや大きめですが、数自体はそれほど多くありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ