大相模カントリークラブは厚木から近く、27ホール体制で営業を行っている

神奈川県愛甲郡愛川町で1968年より営業を行っているゴルフ場が、大相模カントリークラブです。
厚木から近く、交通の便が良いコースとなっていて、丹沢山系の雄大な自然が景観面での見所で、発知朗氏が設計を担当しました。
9ホール構成の3コースを所有しており、2コースを組み合わせてプレーを行うこととなります。

丘陵地帯に作られているので高低差、傾斜共にあります。
最も長く、フェアウェイも広めなのが東コースと呼ばれている9ホールです。

しかし、バンカーも多く配置されているので、正確性も重要となるでしょう。
特に、2番、8番ホールはグリーン周りに大きめのバンカーがあるので、アプローチショットの難度が高めです。

池は一か所にありますが、プレーに絡むことはほとんどありません。
上級者に人気の中コースは距離が最も短くなっており、フェアウェイがやや狭く、曲がりくねったレイアウトが多めです。

バンカーの数は平均的となっています。
池は5番、9番ホールの二箇所にあり、共にグリーン手前に位置しているので打ち込みやすい構成です。

西コースと呼ばれている9ホールは中コースと似た特徴を持っています。
フェアウェイは狭めなので高いコントロール技術が必要です。

障害物はあまり配置されておらず、バンカーの数は平均的です。
しかし、3番ホールのグリーン周りにあるバンカーは大きめとなっています。

池は一か所にありますが、面積はさほど大きくないので、打ち込む可能性は少ないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ