チチヤス株式会社がレジャー事業の一環として作った、鷹の巣ゴルフクラブ

1993年、広島県廿日市市に開場したゴルフ場が鷹の巣ゴルフクラブです。
牛乳、乳製品を扱っているチチヤス株式会社がレジャー事業の一環として作ったゴルフ場となりますが、後にチチヤスのレジャー事業はゴルフ以外でも不振に陥り、2006年には良和ハウスグループに譲渡されました。

2007年には経営会社が民事再生法の適用を申請する事態になってしまい、2008年には良和ハウスグループ手動により自主再建を目指す再生計画案が可決されました。ゴルフ場の名称は変更されていません。

ゴルフ場を作った、チチヤス株式会社が18ホールの設計も担当し、バックティーからの距離は7100ヤードであり、中国地方を代表する長距離コースです。

丘陵地帯に作られているので、打ち上げや打ち下ろしが多めとなっています。
フェアウェイは広めですが、ラフも多めで、途中で角度が変わる、ドッグレッグと呼ばれる作りが多く採用されているのが特徴です。

ドッグレッグのホールではボールをどこに落とすかという戦略性、そして戦略を実行する為の実力が好スコアを狙う上での鍵となるでしょう。

障害物はあまり多く配置されておらず、特にバンカーは少なめとなっている一方、池はやや多めです。
クリークと呼ばれている小さな川がフェアウェイを横切っているホールがあり、水へ打ち込む可能性が高くなっています。

利用料金は平均的であり、際立って高くも安くもありません。
そして、コースのコンディションは良好であると高評価を得ています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ