中津カントリークラブの18ホールは短めだが、傾斜と高低差がある

1974年、大分県中津市に開場したゴルフ場が中津カントリークラブです。
高所にあり、周防灘を見下ろすことが可能となっています。
周防灘や市街地が景観面での名物です。
自然が非常に多く敷地内に残っており、特に木々は多めとなっています。

多くの自然は目を楽しませてくれる存在です。
同時に、木々は各ホールを仕切る役割も持っていて、OBが出にくくなっています。

18ホールの距離は、グリーンから最も離れているバックティーから打った場合、6509ヤードです。
やや短めのコースとなっています。

丘陵地帯に位置しており、高低差、傾斜の両方が多めにあるのが特徴です。
特にアンジュレーションと呼ばれる山からの傾斜はボールを曲げる可能性が高いので、注意が必要となります。

フェアウェイは広めに作られているので、ティーショットは思いきって打って大丈夫です。
しかし、二打目以降はフェアウェイであってもある程度は曲がることを計算に入れる必要があるでしょう。
障害物は少なめです。

池はコース内に3か所あるものの、小さめであり、打ち込む危険性は高くありません。
8番ホールのグリーン手前の池は若干危険な位置にあります。

バンカーもさほど多くはありません。
2番ホールのバンカーは大きめ、11番ホールのバンカーは数が多めであり、共に注意しておきましょう。

傾斜が大きいコースなので、グリーンに乗せてからも油断出来ません。
利用料金は安めに設定されているので、訪れやすくなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ